ヘアードネーション お礼状が届きました

投稿日:2017年7月26日 更新日:

こんにちは。
滋賀県野洲市の「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」の女子部屋、右の筐です。
一日1個のアイスがやめられないZashikiAzarashiですヾ(✿❛◡❛)ノ

先日行いましたヘアードネーションのお礼状がとどきました。
少しでも役立ててもらえたらうれしいですね。

さて、ヘアードネーションとはなんぞや?という方のために軽く説明を。
ヘアードネーションとは髪の毛の寄付のことです。
病気や闘病のために髪を失った方に医療用のウィッグを作るための材料として、髪を提供する運動です。
世界中に活動されている団体がありますが、日本ではジャーダックさんが有名。

主な提供先は子供たちのようです。
大人と違って、成長期の彼らはウィッグもすぐに合わなくなっちゃうんでしょうね。

人工毛のウィッグもありますが、人毛のほうが自然に仕上がるそうです。
ウィッグに使われる毛髪の長さは最低31㎝。
何人もの毛を混ぜてウィッグを作ります。
もし、31㎝に長さが足りなくても部分用になったり、売却して活動資金にあてたりしています。

染毛、パーマ、白髪は気にしなくても良いです。
髪の痛みも、引っ張って千切れるほどでは無ければ大丈夫です。

寄付の仕方は二通りあります。
①協賛の美容院で切って送ってもらう。
②自分で切る、もしくは美容院で切った髪を自分で送る。
※協賛ではない美容院で切る場合、切った髪を持ち帰って良いか事前に確認しましょう。切り落とした髪は産業廃棄物となるので、嫌がられることもあるようです。

提供するときの注意事項
◇必ず完全に乾いた状態で送る。
生乾きや湿気があるとカビの原因となり、周りの髪にも繁殖すると一大事だからだそうです。
◇小分けして、ゴムで縛ったものを、さらにひとまとめにして送る。
まぁ、ばらばらになると面倒でしょう。
◇個人毎にまとめる。
他の人の髪と一緒ならないように個人ごとにまとめましょう。

私は賛同美容院で切っていただいたので、切った後は美容院さんに丸投げでした。
お礼状が必要な人は、氏名、住所等基本的な個人情報は必要のようです。

献血や骨髄バンクなどとは違う、気楽さと難しさがあるヘアードネーションですが、デメリットは極めて少なく、痛みもありません。
興味のある方は、とりあえず挑戦してみるのも良いかもです。

ボランティアはあくまでも好意なので、無理せず出来るときに行うのが良いかと思います。

右の筐で募集中

「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」
8月26日(土)9月23日(午後のみ)(土)
場所:うの家 受付時間:10:00~ 14:00~
ユーファイ、ソルトポットセルフケア初心者講座
8月5日(土) 10:30~12:30 or 14:00~16:00予定
サイドバーの予約するボタンより、予約をしていただくか、メールにてお申し込みください。
info@m-haco.ever.jp
返信と予約確認メールを持って、予約確定といたします。
返信が無い場合はお手数ですが再度ご連絡くださいますようお願いいたします。

-右の筐, 徒然
-

Top

Copyright© 右の筐 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.