タイ旅行 バンコクに行く 準備編

投稿日:

こんばんは。
明けましておめでとうの挨拶からすでに20日。
滋賀県野洲市の「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」の女子部屋、右の筐です。
最近あくてぃぶにざしきわらしってないZashikiAzarashiですヾ(✿❛◡❛)ノ

なんと、新年早々バンコクに行って来ましたことよ!
出来れば一日中お布団の中にもぐっていたいZashikiAzarashiがですよ!
いやー、スゴイですね。

で、日程などはオーナー△の「jiranaaブログ」などご参考にしていただければと( ^ω^)・・・。

あ、これで終わっちゃいますね。

せっかくなので、タイ初心者のAzarashiが初心者視点で旅行の解説!
今回は「準備編」
準備しててよかったものなどご紹介です(アフェじゃないよw)

飛行機のこと

今回はエアアジア利用。
オーナー△も初体験のLCC。
ZashikiAzarashiはその辺りが全く疎くて「あ?エアアジアってLCCなのね?」というレベル。
到着空港はドンムアン。スワンナプームより交通面がちょっと不便。

そしてご存知、LCCは何もかもが別注文。
機内食は今回パス。ドンムアン空港のフードコートが充実してるら良いので着いてから食べることに。
座席指定 往復で3960円(これはひとそれぞれだと思いますが、ちょっと他人さんに挟まれての6時間は厳しいので指定にしました。ひとりなら・・・どうかな?)
手荷物関係 往路20㎏ 復路25㎏で10,000円ちょっと。機内持ち込み7㎏まで無料。


コーヒーとかも別料金。
機内食は前日まで注文ですが、コーヒーやカップ麺などは機内注文できるようです。
ひざかけと首枕もレンタルあり。1,600円くらいかな?

今回のツアーはHISから申し込みましたが、こういったエアアジア関係の追加注文はエアアジアのHPから行います。
HISから情報提供がされているようで、同じ登録メルアドでアアジアにアカウントを作れば、既にプラン登録は済まされています。

座席は狭くて、リクライニングもイマイチでした。
ZashikiAzarashiはけっこうどこでも寝れる人なので、グーグー寝てましたし、データで漫画など読んでのんびり過ごしてましたが、体はちょっときつかった。


首枕と腰枕(タオルとかマフラー丸めたのでも良いかも)はあると良いですね。
腰は痛くなります。
足置きもあるとかなりラクですね。鞄で代用もできますが・・・汚れます。
乾燥するのでマスク。
お昼便はかなり眩しいので必要ならアイマスクと念のため耳栓。

微妙に体に合わなかった首枕

逆に、スリッパは用意してましたが靴を脱ぐだけで良かったかな~。

紫外線対策のこと

日焼け止めクリーム類 これ必須!タイは南国ですから紫外線はかなり強いです。そして現地でも日焼け止めクリームは売ってますが、日本で買って行った方が安心です。そこそこ強いものをお勧めします。

帽子 これもあった方が良いです。特にマーケットや人が多いところに出かける場合、日傘は使えませんので必須。日差し強いです。

日傘 タイはあまり日傘を差す習慣はないようですが、普段日傘を使ってる人や陽に当たらない人は持って行った方が良いかもです。
人込みでは差せませんが、お寺などの観光地では比較的活用できます。
日焼けの心配もさることながら、紫外線に当たるとかなり身体に負担がかかります。
どんな短時間でも避けれるなら避けた方が賢明です。大きなお姉さま方は特に('ω')。

晴雨兼用折り畳みならなおヨシ

ただ、オーナー△のように、普段紫外線に当たってないのに、日傘も帽子も日焼け止めクリームも無くてもへっちゃら!っていうヒトもおりますがね・・・(;'∀')。

虫よけ対策のこと

お寺とか水回りや植物周りに行くなら持ってた方が良いですし、日本製が良いと思います。
部屋にプシュっとすると虫がいなくなるタイプの物も、荷物に余裕があるなら有った方が安心です。ただ、そこそこのランクのホテルなら、そこまで蚊は飛んでないですね。
今回は2か所ほど咬まれました。

ガイドブックのこと

一応買いました。
バンコクは成長過程で、道や地下鉄、BTSがどんどん新しくできてますので、最新情報のために購入。
切符の買い方など知らない人は参考になるかもです。
お土産情報などより、タイの習慣や困ったときの対処法、お金のこと、交通のことを詳しく書いてる物の方が良いかなぁ。
まぁだいたいはすべてネット情報で賄えますが、ネットはいつの情報なのか分からないことが多いので、念のため持ってる感です。

まぁ、オーナー△がほぼ知ってましたけど('ω')

服装のこと

服装 今の時期は初夏~盛夏、やや盛夏寄りの服装でOKでした。
タイは冷房が強いのと日が落ちるとちょっと肌寒い時があるので、羽織物は必須です。
うすーいショールなどあると重宝します。
汗をかいた時用にインナー一枚は持ち歩いてました。汗かいて屋内に入るとほんとに寒い。
行き帰り、日本が冬なので、寒がりZashikiAzarashiはアンダーダウンにロングパーカー重ね着して、タイではクルクルっと小さく丸めて袋に入れて、帰りは飛行機の中で出してきて着るってのをやりました。
寒いの辛いですからね!

履物 「ビジネスで屋内しか歩きません」という人以外は革靴はオススメしません(当たり前か)。バンコクは街中でも道は悪いです。がたがたです。サンダル、ビーチサンダルなども履きなれていたら良いですが、やっぱり底の厚いスニーカーがお勧めですね。
道が悪いので、靴底が薄かったり固かったりすると衝撃をまともに受けます。大きいお姉さんやお兄さんたちはお膝や腰に負担がかかるので、靴底の厚めのスニーカーがベストです。
足腰が丈夫な方は、ビーチサンダルが涼しくて良いですが、長距離歩くならかかとをホールドしてくれるタイプが良いですよ。

画像はイメージですw

鞄のこと

スーツケース はお荷物量に合わせて選ぶしかないですが、8輪コマ・・・ラクです。
リュック お買い物、特にマーケット等での買い物が目的なら、かなりラクですが、人込みでは嫌がられるのと、盗難に注意です。
ZashikiAzarashiは今回リュックを購入しましたが、失敗しましたorz
がっつり買い物するなら肩紐は太くてクッション性のあるものでチェストベルトはあった方がラクです。出し入れしやすさよりも、安全性が重要かな。でもサイドポケットはある方が水筒やタオルなど入れられるのでおススメです。
ZashikiAzarashiはリュックのほかに、斜めがけの小さいバッグを下げて財布やハンカチなど頻繁に出し入れするもの、貴重品はこちらに入れてました。
ほんとは旅行者!って格好はイヤなのですが、荷物が大量になるのは避けられないですし、体力考えるとリュックで良かったと思います。それでも重たかったですがねw

ほんとはこういうのが欲しかった

ま、どう足掻いても外人に見えちゃうし。

うむ('ω')
かなり長くなってきたので、続きはまた後日。

「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」の女子部屋「右の筐(みぎのはこ)」は音と振動の木槌療法「トークセン」と温熱ハーブ療法「ユーファイ」を中心に、女性のためのトータルケアを、ゆるゆるまったりと活動中です。

右の筐で募集中

「ぽくぽくトークセンとぽかぽかユーファイ」もしくは「ユーファイ講座」
1月 27日(土)
2月 17日(土)
場所:うの家 受付時間:10:00~ 14:00~
サイドバーの予約するボタンより、予約をしていただくか、メールにてお申し込みください。
info@m-haco.ever.jp
返信と予約確認メールを持って、予約確定といたします。
携帯メールの方は、info@m-haco.ever.jpからメールを受けられるように設定の解除をしてください。
返信が無い場合はお手数ですが再度ご連絡くださいますようお願いいたします。

-タイ旅行, 右の筐, 徒然
-, , , , , ,

Top

Copyright© 右の筐 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.