気になる酵素浴!守山市の「酵素浴&CAFE HAKU」さんに行ってきた感想。

投稿日:2019年10月11日 更新日:

こんにちは。
滋賀県野洲市の「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」の女子部屋、右の筐です。
あー、はい。わかります。活動してないですよね。
特に活動はしてないですけど、ZashikiAzarashiは今日も頑張ってざしきわらしってますヾ(✿❛◡❛)ノ

我が職場(TENka plusじゃない方)に、私の揉みほぐし師匠が副食・・・ちがう、復職してくれて、しばらく師匠の動向が気になる日々でございます。(早よタイ式覚えろ)

最近、神社仏閣(オーナー△に付いて行くだけ)と美味しい物(三度の飯より飯が好き)活動しかないと思われているようですが(いや、実際そうだけどな)、先日ずっと気になっていた隣町の酵素浴&cafe「HAKU」さんに行って参りました!

 HAKUさんHPより

酵素浴ですよ!

で、酵素浴ってなんだ?ですが、その辺は「HAKU」さんのHPでどうぞ。

ようするに、米ぬかの海にダイブ!です。

昔から押入れの中とか干したofutooonの間とかをこよなく愛するZashikiAzarashi。
温かいヌカの間にぎうぎう埋め込まれて、ざくざく更に上から糠を積まれてズッシリとした重みを感じて、汗流しながらぼんやりできるなんて!
考えるだけで至福でございます(*´Д`)=3

ええ、お察しの通り砂風呂も好き♡

ほかほか

ただ、自転車人生のZashikiAzarashiにはちょっと行きにくくて、たまたま会う予定だった友人が行きたいと言ってくれたので、一緒にGO! 🚙

初回入酵まで

初回は予約時間の20分~15分前には来店しましょう。
簡単なカルテの記入と酵素浴と入酵仕方の説明をしてくれます。
ZashikiAzarashiよりちょっとおねえさま(店主さんかな?)が静かにゆっくりと説明してくださいました。
この方、たぶん酵素が好きなんだろうなぁと感じ取れます。

酵素浴は一切人工的な熱は加えていない。
・熱は酵素・微生物次第なので不安定な時はある
・体感温度は40度くらいになる(もうちょっと熱い気がする)
・酵素浴の熱は骨や内臓までぐっと入ってくる(なんで?)
・入酵後もしばらく発汗があるが、酵素浴で出る汗はさらさらしている
酵素浴15分でマラソン15㎞に匹敵する血流量になる
・酵素風呂は米ぬかと米ぬかにヒノキを配合したタイプがある
・ヒノキの方が温度が高いことが多い
などなど・・・
酵素についての説明をミネラルウォーターをいただきながら聞きます。

説明後、お会計を済ましてから入酵です。

お支払いはカードも使えます。
ただ、レシートはSNSかメールに送られてきます。
(SNSだと印刷できなさげなので、経費請求のためならメールの方が良かったかも。まぁ、SNSでもスクショして画像にしてPCに送れば良いのですがね。)

入酵前にお手洗い🚻。
お手洗いは女性用と男女用が各一つずつあります。

とりあえず、真新しいお店なのでどこも綺麗です。

入酵準備

お部屋まで案内していただいて、お部屋の使い方を一通り教えていただきます。
うん、ホテル使える人なら大丈夫よ。

HAKUさんは全室個室です!

シャワーもパウダールームも鍵が付いてるお部屋で一人で過ごせます。
なんて贅沢!
浜辺にある気さくな砂風呂のように、入浴中の他の方の足元を「すみません、しつれいします」などと気を使いながら歩く必要もなく、起き上がったときのぐっちゃぐっちゃの顔とかもうっかり見られることもありません!(若けりゃこの状態も爽やかですが・・・ねぇ('ω'))
ただ、連れとはここでお別れになるので、カップルでキャッキャうふふ♡したい人は残念な感じです。

そのうちカップル部屋とか出来ると・・・いや、いらんか。

で、今回オーナー△に「酵素浴の後にフェイスパックしたら効果高いんじゃね?」という謎のアドバイスを貰ってたので、友人にもフェイスパックを一枚押し付けて、いざ入酵です!

入酵時の装備「紙パンツ」「紙ぶら」「ヘアーキャップ」です。
ただ、やはりヌカとの間に紙が一枚挟まるのでその分効果が薄くなるので、真っ裸が推奨らしいです!

根性なしのZashikiAzarashiは紙パンツと紙ブラは装備しときました…( ;∀;)ムリ

酵素部屋の方から声がかかれは酵素風呂へのドアを開けて、ついにヌカの海にINです!

入酵

装備に着替えていると、酵素部屋から声がかかるので、奥の部屋へ入ります。
そこにはかなり大きなお風呂のような長方形の木の桶があり、その中にヌカ!
そして、ちょうど人ひとり入れるくらいの穴が・・・!

酵素風呂画像HPより

アレやな・・・時代劇の戦モノとかで良くある、捕虜が自ら掘らされる墓あ・・・げふんげふん。
こんなこと考えたなんて、掘ってくれた店員さんには内緒やで(`・ω・´)

で、その時点では店員さんはいないので、がば~と桶を跨いでヌカ風呂へ入ります。
奥を頭にして横臥し、ささ~と大事なところだけ自分でヌカをかけて(紙装備を着けてない人はココ大事)店員さんを待ちます。

再度声がかかって店員さんが入って来てくれて、残りのヌカをわっさーとかけてくれます。

酵素風呂入浴風景画像HPより

なので、ヌカ風呂に入っているところをじーと見守られてもじもじするようなことも無く、大変ストレスフリーです。

ヌカは首から下、まんべんなく。
気になるところは更に多めに。
目の上はタオルを置いた上にon the NUKA!

四方八方ぎうぎうとヌカの熱と圧で、ぬくぬくです。
このしっとりズシっとした重みと温熱。
最近オトナが包まれて安心する「おとなまき」とかってこんな感じだろうか。
@水天宮整骨院

ヌカの匂いとわずかな発酵臭。
40℃~の温度と高い湿度。
なんともむわ~んとした感じですわ。

ここでポイント!
入る時は行儀よく脚を揃えると、内腿とかにヌカが当たらないのだ!
ここは一発ガバっと大胆に大の字になって横たわりましょう!
もう、どっからでも来い状態推奨!
きっとステキな解放感ですわよ!

入酵時間は15分。
途中で冷たいおしぼりを額に当ててくれます。
至福です。

個室ではありますが、空間は繋がっているので、人の動きや物音、話し声などは結構聞こえます。
ザワザワというほどではないので、逆に気になる人は気になるかも。
まぁ、神経質な人でなければ完全無視できる範囲ですw

汗をかかないZashikiAzarashiですので、ヌカの中での発汗は良く分からないですが、汗っかきの友人はだらだらに汗をかいたそうです。
発汗効果はかなり高そうですよ、奥さん!

入酵後

時間が来たら店員さんから声がけがあります。
ゆっくりと起き上がって、大丈夫ならシャワールームへ。
(店員さんはささっと立ち去るので、もうちょっと入っておきたい人は、数分粘ってるんじゃないかな?と邪推)

ヌカを軽く払い落としてから・・・軽く?軽く払い落とせまン!
濡れ手に粟?
汗にヌカ?
結構汗かいてたんですね。そりゃこびり付きますわな。
ごしごしとこすり落としてシャワールームへ。

シャワールームは一人用の広さ。
酵素部屋とパウダールームにドアが付いています。
備品はやたら粘度の高いシャンプーとコンディショナー。
酵素はお肌に残った方が良いので、体はお湯で流す程度を推奨。

ここからはヌカとの戦いです。
からだにシャワーを当てるとヌカがシャワールーム中を飛び散る飛び散る!
あと、ヌカ落ちないw
耳の後ろとかちょっとしたしわとかにヌカが入り込んでるんです。
(´-`).。oO(マッパで入るといろいろ大変なんじゃ・・・とか??)

そして、ヌカ臭い(当たり前)

何とかかんとか洗い流して、壁に飛び散ったヌカも洗い流してパウダールームへ。
排水はヌカを流しても大丈夫な構造に作っているそうです。

身支度

この時点で35分くらい。
結構なお時間です。初回だったからかもしれませんし、二人同時だったからかもしれませんが。

パウダールーム備品
バスマット
バスタオル
フェイスタオル
ドライヤー
コットン
綿棒
ティッシュ
ハンドソープ
消毒スプレー
ミネラルウォーター
ゴミ箱

あれ?化粧水が無い。
HPにはクレンジングと化粧品は用意があるってあったけど・・・。

パウダールーム

無いモノは仕方ない。
髪用に持ってきてた万能オイルとハンドソープで顔を洗って、オーナー△に持って行くように言われてたフェイスパックで保湿!
フェイスパック!持って来てて良かった!
これが無かったら、いくら「酵素浴の汗はサラサラで保湿効果があるんですよ~」と言われたところで顔カッピカピやで。(入酵前にメイクは落としておきましょう。今回は胸いっぱいで忘れてました。てへぺろ)
皆さん、クレンジングと基礎化粧品は必要かもしれません。
で、メイクなどしてたら、あっという間に1時間。

お部屋を出て受付へ。
お支払いは終わっているので、このまま帰宅でも問題なさそうです。

が!「HAKU」さんはカフェも併設されているので、せっかくなのでお茶を一杯!
もちろん特製酵素ジュース

 
可愛い(’-’*)♪

人の10000万倍酸味を感じるZashikiAzarashiでも飲める甘酸っぱさ。

大きいお姉さま方にも優しい掘りごたつ型テーブルで気が済むまでだらだら(迷惑)してから脱出!

いやー、かなりデトックスできて健康になった気になります。

所感

次の日、ものすごーく怠かった。
酵素の効果は3日ほど続くようなので、よっぽど毒素が溜まっていたのかと思われます。
友人の方は、結構スッキリと過ごせたそうですよ。

今回「HAKU」さんに行っての所感ですが。

酵素浴は他の温熱療法と違って、ヌカの重みがなんともズッシリと心地よいです。
肩こり腰こりの緩和になりそう。
横になってるのでくらくらすることがなくてラク。
もしお近くに酵素浴があったら一度は試してみると良いかも。
特に冷えとかストレスとかコリとか病名はないけど不調な人には温熱療法はおススメ!ハーブテントやユーファイもオススメ。
発酵物なので、お肌の常在菌も活発になりそう
爪の間とかも丁寧に流さないと、ヌカ臭はちょっと残る。

身体に合う合わないがあるので、試してみてから考えるといいでしょう。

誰かが入った後はイヤ・・・わかります!
そこはぎりぎりプールや銭湯と同じと考えると何とかなります(なるんかい)。
それに、ヌカ床は菌の発酵作用と発熱作用で殺菌されてます。
地球上の水分なんてずーと循環してるので、今日飲んだ水も何千年前にはナニかが出したナニかかもしれませんし・・・(ええんか?こんなんで)

まぁ何はともあれ(お近くにあれば)一回トライ!です。('ω')

その後、調子に乗ってカツまぶしとかジェラードとか、かなりのモノたちを食べちゃいましたけどね!

 かつまぶし画像

まずそのまま、次にとろろ、最後のお出しをかけてかつ丼を食べるというひつまぶしスタイル。

プラスマイナス0。どころかややマイナスw

あとは菌とか酵素とかが気になるZashikiAzarashiの今日この頃。

@もやしもん

「ぽくぽくトークセン」と「ぽかぽかユーファイ」の女子部屋「右の筐(みぎのはこ)」は音と振動の木槌療法「トークセン」と温熱ハーブ療法「ユーファイ」を中心に、女性のためのトータルケアを、ゆるゆるまったりと活動してたりしてなかったり。まぁ、だいたいしていない。

-雑記, 右の筐, 体メンテナンス, 徒然
-, , , , , , , ,

Top

Copyright© 右の筐 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.